アヤナス化粧品の成分表を解析したら毒性ばかりで危険だらけ!?

ディセンシア アヤナス化粧品の成分表を解析したら毒性ばかり?

ディセンシア アヤナスは品質の高い化粧品として現在美容雑誌にも多く取り上げられ敏感肌専門ブランドとして注目を集めています

敏感肌専門ブランドいうくらいですからしっかりとお肌のことについて作られているの思うのですが、敏感肌でお悩みの方らすれば

 

  • 成分は安全なの?
  • 刺激となる成分は含まれていない?
  • 肌に合わない毒性の成分が含まれていない?

 

といったことが気になりますよね

 

ここでは、ディセンシア アヤナスの成分表の解析についての記事となっていますので参考にしてくださいね

ディセンシア アヤナスの成分表

 

化粧水(ディセンシア アヤナス ローション コンセントレート)成分

水、プロパンジオール、ジグリセリン、グリセリン、PPG−24グリセレス−24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル−2、セタノール、フェノキシエタノール

美容液(ディセンシア アヤナス エッセンス コンセントレート)成分

水、グリセリン、ジグリセリン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、水添ポリオレフィン(C6−12)、プロパンジオール、BG、水添ナタネ種子油、水添レシチン、PEG−150、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、カルボマー、エチルヘキシルグリセリン、水酸化K、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル−2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

アイクリーム(ディセンシア アヤナス アイクリーム コンセントレート)成分

水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、ジメチコン、PEG−10ジメチコン、ジグリセリン、ペンチレングリコール、ジステアルジモニウムヘクトライト、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、PEG−400、PEG−75、水添ポリオレフィン(C6−12)、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、コンドロイチン硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、ポリHEMAグルコシド、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、ステアリン酸スクロース、エチルヘキシルグリセリン、パルミチン酸スクロース、オレイン酸ポリグリセリル−2、トコフェロール、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

クリーム(ディセンシア アヤナス クリーム コンセントレート)成分

シクロペンタシロキサン、水、ジグリセリン、グリセリン、BG、PEG−10ジメチコン、ジメチコン、リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアルジモニウムヘクトライト、ワセリン、水添ポリオレフィン(C6−12)、ステアリン酸スクロース、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、ポリHEMAグルコシド、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パルミチン酸スクロース、アミノプロピルジメチコン、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル−2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

 

上記の成分表で過去に肌トラブルがあった人は自分に合わない成分だとわかりますが、実際問題成分表を見ただけでは何が良いのか悪いのか正直わかり辛かったししますよね。

 

なのでここからはディセンシア アヤナスに含まれている成分を1つずつ簡単に解説していこうと思います。

 

成分の用途について

 

  • エチルヘキシルグリセリン

用途:消臭剤、コンディショング剤
防腐作用、消臭作用があり、化粧品やヘアケア製品などの安定化のために使用される成分。グリセリンの一種なので安全性が高い成分。

 

  • クエン酸

用途:防腐剤、pH調整剤
pH調整剤や防腐剤として乳液や洗顔料、化粧水などに幅広く用いられている。収れん効果により毛穴や肌を引き締める作用がある。

 

  • クエン酸Na

用途:緩衝剤、キレート剤、pH調整剤
保湿作用や角質柔軟作用や収れん作用があります。角質除去作用によりピーリング効果が期待できることからニキビ用化粧品に使用されている。食品にも用いられるほど安全性は高い成分。

 

  • カルボマー

用途:増粘剤
ジェルの増粘剤やクリームの乳化として使用される成分。低刺激で保湿効果もあるため化粧品に良く使用される。

 

  • ステアリン酸

用途:油性基材
クリームや乳液の伸びや硬さを改善するために使用される成分。

 

  • 水酸化K

用途:pH調整剤
洗顔料や石鹸の原料として使用される成分。クエン酸と合わせることアルカリ性を中和されるため、毒性は低い。

 

  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

用途:エモリエント剤
セラミド同じくらいに高い保水作用を持つことからエイジングケア化粧品に用いられる、植物由来の保湿剤。

 

  • 水添ポリオレフィン(C6-12)

用途:合成ポリマー、増粘剤
保湿効果が期待でき化粧品に多く用いられる、合成ポリマーの一種。

 

  • ポリHEMAグルコシド

用途:エモリエント剤
保湿系化粧品に多く使用される成分、石油系由来ながらヒアルロン酸よりも保水効果が高いのが特徴

 

  • テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル

用途:エモリエント剤、増粘剤
刺激があまりないため敏感肌用の化粧品によく用いられる。

 

  • PPG-24グリセレス-24

用途:溶剤、乳化剤
乳化剤及び浸透性を良くする目的で用いられる。

 

  • オタネニンジンエキス

用途:抗炎症成分
別名 朝鮮人参エキス。東アジア原産のウコギ科植物の多年草で、抗酸化作用や新陳代謝促進作用などがある成分。

 

  • 紅藻エキス

用途:抗酸化成分
オゴノリ、テングサなどの赤色海藻から抽出したエキス。抗酸化成分やミネラルを大量に含むため、アンチエイジング化粧品に用いられる。

 

  • コンドロイチン硫酸Na

用途:基材
保湿成分として乳液、口紅や化粧水など化粧品などに広く用いられている。動物体内に存在する成分のため毒性はない。

 

  • ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル

用途:油剤、閉塞剤
ヒマワリや大豆などから採れたオイル由来の成分で、光沢があり伸びが良く、粘性が高いという特徴があります。
肌にツヤを与え、保護膜となって肌を刺激から守る作用があります。

  • ビルベリー葉エキス

用途:抗老化成分
ブルーベリーの一種であるビルベリーの葉から作られるエキスで、肌内部のヒアルロン酸の産生を1.4倍にも増やす効果やコラーゲンを増すことがが認められている。

肌の保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを保護してたるみやしわなどの肌トラブルを抑制してくれるため肌の弾力を取り戻します

 

  • プロパンジオール

用途:エモリエント剤
100%植物由来のため安全性は高い。保湿性の高い植物由来のグリコールでエモリント剤として化粧品に使われる。

 

  • ベヘニルアルコール

用途:安定剤、界面活性剤
アルコールと記載されているがエタノールではなく油脂成分のため刺激はない。乳液や美容液、化粧水など幅広く化粧品に用いられている。

 

  • ラベンダー花水

用途:抗炎症成分
ラベンダーの花から抽出された蒸留水。細胞の生まれ変わりを促進する効果や抗炎症効果や鎮静効果が認められている。香りも良く香料としても用いられる。

 

  • アミノプロピルジメチコン

用途:合成ポリマー
シリコンの一種で、アミノプロピル化したジメチコン。伸びがよく乳液や化粧水、メイク用品など用いられる成分。

 

  • キサンタンガム

用途:増粘剤
自然由来のカルボキシビニルポリマーで乳化の際の安定を高める成分。刺激や毒性や心配がほとんどない。

 

  • グリセリン

用途:溶剤
潤滑剤水に溶けやすく吸湿性に効果が期待できるため、美容液や保湿化粧水に用いられる成分、毒性や刺激の心配がほとんどない。

 

  • コウキエキス

用途:抗酸化作用・抗炎症作用
クルミ科の植物「黄杞葉」から抽出されたエキス。肌の内側で発生する炎症を防ぐことで肌の機能を正常化させる成分。

 

敏感肌は外部刺激によって微弱炎症を起こしてコラーゲンを壊してしまう原因となっています、なので炎症を止めなければエイジングケアをいくらしても追いつかない状態が続いて症状が改善されません、コウキエキスはこの炎症を抑制する作用があります。

 

  • ジグリセリン

用途:保湿剤
グリセリンを精製したもので、保湿剤として用いられる、美容液やジェルに使用される。

 

  • 水添ナタネ種子油

用途:油剤、閉塞剤
ナタネオイルに水素を添加することで酸化しにくくしたもの。保湿剤として用いられる。毒性や刺激の心配がほとんどない。

 

  • セイヨウナツユキソウ花エキス

用途:収れん剤、消炎剤
消炎効果や収れん効果があるため、タンニンが豊富で殺菌作用や抗酸化作用も強い。

 

  • セタノール

用途:乳化剤、安定剤
高級アルコールでツヤ出しや白色化効果が得られる。乳液、石鹸、美容液、化粧水など幅広く化粧品で用いられる。

 

  • トコフェロール

用途:酸化防止剤
天然ビタミンE。脂溶性であり活性酸素を還元し、たるみやしわなどを防ぐ。血管拡張作用もあり血行を促進する。

 

  • ニオイテンジクアオイ水

用途:収れん剤、エモリエント剤
天然ビタミンE。脂溶性であり活性酸素を還元し、しわやたるみなどを防ぐ。血管拡張作用もあり血行を促進する。

 

  • フィトステロールズ

用途:油剤、エモリエント剤
植物から抽出されたステロール。保湿効果が高く美容液、化粧水などエイジングケア化粧品に使われることが多い。

 

  • ペンチレングリコール

用途:防腐剤、溶剤
抗菌作用があり、刺激が少なく安全性が比較的高いとされている。

 

  • リンゴ酸ジイソステアリル

用途:油剤、エモリエント剤
リンゴ酸にイソステアリルアルコールを結合させたエモリエント成分。口紅に多用される成分で毒性はない。

 

  • ローズマリーエキス

用途:消炎剤、収れん剤
ローズマリーから抽出されたエキスで抗酸化作用、収れん効果、保湿効果により民間療法で使用されてきた。

 

  • ワセリン

用途:基材、油剤
ヘアクリームや口紅、アイシャドーなど化粧品の基材や油剤として使用されている。刺激や毒性はない。

 

  • BG

用途:抽出剤、保湿剤、溶剤
ブチレングリコールの略称。防腐効果、保湿を主としてない場合でも表記されることがある。

 

  • アルギン酸硫酸Na

用途:増粘剤、懸濁剤
昆布などの海藻によく含まれるヌメリのある成分。そのため保湿剤や増粘剤として化粧品に用いられる。

 

  • セラミド2

用途:保湿剤
セラミドは11種類もあり、ディセンシア アヤナスはヒト型セラミドという種類でそのうちセラミド2は最も人の成分に近いとされる。高い水分保持機能がある

     

    セラミドのメリットデメリットって?

     

    ディセンシア アヤナスに使われているセラミドは最も刺激の少なくヒト型セラミドを使っていますさらにはヒト型セラミドの中にも種類があって最も高保湿であるセラミド2が採用されています。

     

    それが合わさり、「高保湿=価格」という点においてもディセンシア アヤナスの価格が若干高めになっています。

     

  • PEG-10ジメチコン

用途:乳化剤
ポリエチレングリコールとジメチコンからなる一般的な界面活性剤。

 

  • 水添レシチン

用途:乳化剤
乳化剤とし乳液や美容液、化粧水などに用いられる。保湿効果や浸透性を高める目的でも使用される。

 

  • ペンテト酸5Na

用途:キレート剤、酸化防止剤
化粧品に混ざったイオンを不活性化させる目的で用いられる。毒性はない。

 

  • フェノキシエタノール

用途:防腐剤
緑茶や玉露に含まれる天防腐剤。ディセンシア アヤナスの旧表示指定成分に含まれないためパラベンの代替品として用いられる。実用濃度では刺激はほぼない。

 

 

  • (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー

用途:合成ポリマー、閉塞剤
シリコンの一種。滑らかな肌触りが得られるためファンデーション、クリーム、乳液などの化粧品基材として使用される成分。

 

  • ジステアルジモニウムヘクトライト

用途:増粘剤
吸着作用、増粘作用がある。鉱物由来成分ではあるが、化粧品などを低刺激化するために使用される。

 

  • シクロペンタシロキサン

用途:エモリエント剤
シリコンの一種。蒸発することで皮膜が形成されている。化粧崩れを防ぐ目的で使用され、ごくわずかに皮膚への刺激が認められる。

 

  • PEG-400

用途:保湿剤、溶剤
粘度の高い保湿剤や溶剤として使用される。その保湿効果のためエイジングケアや美容液に用いられるが、同時に殺菌作用もあるためにニキビケアにも配合されている。

 

  • PEG-75
  •  

用途:保湿剤、溶剤
PEG400よりも粘性が弱い成分。PEGは軽度の皮膚刺激があるため、人によってはやや刺激を感じる場合がある。

  •  

ジメチコン

用途:合成ポリマー、閉塞剤
シリコンベース。洗面用化粧品や化粧品に用いられ皮膚に滑らかな印象を付与する。

     

  • PEG-150

用途:結合剤
保湿力があり乾燥肌から肌を守る役割もある。

 

  • ステアリン酸スクロース

用途:乳化剤
しっとりとしたテクスチャーにして、肌触りを滑らかにするために用いられる非イオン合成界面活性剤。

 

  • パルミチン酸スクロース

用途:乳化剤、エモリエント剤
ヤシ由来の脂肪酸で主に乳化剤として用いられる成分。

 

  • オレイン酸ポリグリセリル-2

用途:乳化剤
オレイン酸とソルビットからなる非イオン合成界面活性剤。水と油の親和性を高めて油汚れへの洗浄効果を高める。

 

※「自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典」を参考に調べました。

 

 

 

肌の刺激となるものは入れない

 

アルコールを成分の中に使用すれば感触がよくなり、香料は気分を高めて癒しの効果もありますが敏感肌の人にとっては刺激となる成分でもあります。

 

ディセンシア アヤナスでは、安心して使えるようにアルコール・合成香料は使用していません。

 

界面活性剤を使用しているけど大丈夫?

「界面活性剤=悪いもの」というイメージがありますが、界面活性剤は無くてはならないものなんです。そもそも界面活性剤という成分は油と水という本来溶け合わないものの間を取り持ってとかしたような状態をつくっているものです。その仕組みを利用して、クリームや乳液などのスキンケアでは油と水を混ぜ合わしたり、油分を含んだよごれを落としたりしています。
界面活性剤の種類には

  • 陰イオン界面活性剤
  • 陽イオン界面活性剤
  • 両性界面活性剤
  • 非イオン界面活性剤

がありますが、ディセンシア アヤナスで使用されているのは比較的肌に影響が少ないとされている非イオン界面活性剤を使用しています。

 

ディセンシア アヤナスの防腐剤には何が使用されている?

 

ディセンシア アヤナスの防腐剤にはフェノキシエタノールが使われています。

 

旧ディセンシア アヤナスの成分には防腐剤としてメチルパラベンが入っていましたがリニューアルした今回のディセンシア アヤナスでは、フェノキシエタノールが保存料(防腐剤)の役割を果たしています。
5年ほど前から技術の確立によってパラベンを使用しなくても少量のフェノキシエタノールで防腐力を発揮できるようになりました。

 

ワンポイント
防腐剤を使う目的は?
薬事法で化粧品は3年間の品質を保つことが決められています。
化粧品には、水がたくさん入っていますが水をそのまま置いておくだけでも腐敗しますよね。しかも、化粧品は手で触れるしフタを開け閉めするのですぐに腐ってしまうので防腐剤が必要なんですね。

 

皮膚科医も認める

 

皮膚科医立ち合いのもと年代、性別問わず何度もパッチテストやアレルギーテストを繰り返し安全性を確認したものだけが化粧品となります、さらにはディセンシア アヤナスを生み出したポーラの歴史は古く80年以上からの研究データを組み合わせてより厳しい安全基準をクリアした成分のみを使用していますので安全だと思います。

 

でも、すべての人にアレルギーや刺激が起こるとは限らないので心配であればパッチテストを受けた方がいいですね。

 

関連記事
ディセンシア アヤナスを購入前に知りたい悪い口コミや辛口評価|効果的な成分は?

 

 

 

page top