アヤナスの界面活性剤は肌に刺激が?含まれている成分に問題が!?

ディセンシア アヤナスの界面活性剤は肌に刺激が?含まれている成分に問題が!?

肌に悪い!といわれている界面活性剤。

 

実は、私たちの身の回りには意外に界面活性剤が使われているんですよ。

 

化粧品をはじめ食品、シャンプー、洗剤、柔軟剤、洗顔フォーム、食器洗剤など身の回りには界面活性剤が含まれているものがたくさんあります。

 

もちろんディセンシア アヤナスにも含まれています。

ですが、なぜそんなに悪者扱いされているのでしょうか?^^;

 

この記事では、ディセンシア アヤナスに含まれている界面活性剤の安全性と悪者扱いされている理由を調べてきましたのでご紹介します。

 

界面活性剤はなぜ必要?

突然ですが、油と水は混ざりませんよね。

 

ですが、界面活性剤は水と油を混ぜ合わせることが出来るんです!

 

界面活性剤は、油にも水にも溶ける性質をもっていて、その特長を利用して油汚れをおとすための食器洗浄剤や洗顔クレンジングなどで幅広く使用されています。

 

ただ、使われている界面活性剤の製品の中には、洗浄力が強いものがあるので敏感肌や乾燥肌がお使いになると人には肌への刺激が強くなるので悪者扱いされているのが1つの原因です。

 

界面活性剤はどんな種類がある?

 

ここでは、界面活性剤の種類を簡単にご紹介します。
アヤナスの界面活性剤は肌に刺激が?含まれている成分に問題が!?
↑引用先日本界面活性剤工業会

活性剤の種類 特徴 用途
アニオン界面活性剤

乳化・分散性に優れる
泡立ちが良い
温度の影響を受けにくい

衣料用洗剤
シャンプー
ボディソープ

カチオン界面活性剤

繊維などへ吸着する
帯電防止効果がある
殺菌性がある

ヘアリンス
衣料用柔軟剤
殺菌剤

両性界面活性剤

皮膚に対してマイルド
水への溶解性に優れる
他の活性剤と相乗効果あり

シャンプー
ボディソープ
台所洗剤

非イオン界面活性剤

浸透性・洗浄性があって使いやすい
乳化・可溶化力に優れる
泡立ちが少ない

衣料用洗剤
乳化・可溶化剤
分散剤

ディセンシア アヤナスに使われている合成界面活性剤は?

実際にディセンシア アヤナスに使われている界面活性剤を調べてみましたのでご紹介しますね。
オレイン酸ポリグリセリルー2・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・ステアリン酸スクロール・パルミチン酸スクロール
です。
これは上記の図の中にある非イオン性界面活性剤の部類に入って比較的安全な成分とされています。

 

本当に安全なの??

ここまで見てきましたが、ディセンシア アヤナスに含まれている界面活性剤は比較的安全だということしかわかりませんでした。

 

なので、実際にディセンシア アヤナスの販売会社であるディセンシアに本当に安全なのか直接聞いてきました。

 

 

私:ディセンシア アヤナスに含まれている界面活性剤は肌に刺激はないですか?


 

 

・ディセンシア アヤナスの合成界面活性剤は、一般的な基準より厳しいポーラ独自の安全基準でクリアしたのだけを使用しています。
・皮膚科医立ち合いの元で何回もアレルギーテストを行ってOKが出た成分だけを製品化しています
・肌の刺激となるアルコール・合成香料・紫外線吸収剤は使用していません


との回答をいただきました。

まとめ

・ディセンシア アヤナスに含まれている界面活性剤は比較的安全な非イオン界面活性剤を使用している
・皮膚科医立ち合いの元でテストを行って安全な成分を使用している
・ディセンシア アヤナスを誕生させたポーラ研究所で厳しい独自の安全基準でクリアしたものを使用している

 

ディセンシア アヤナスは、敏感肌でも使えるように研究開発された化粧品です。
ですが、絶対にアレルギー反応や皮膚刺激が無いわけではないので、使用の前にはパッチテスト等で確認してからお使いになることをおすすめします。

 

関連記事
ディセンシア アヤナスを購入前に知りたい悪い口コミや辛口評価|効果的な成分は?

page top