アヤナスを買ってはいけない?危険な成分は含まれている?

アヤナスを買ってはいけない?調査して分かった3つの真実とは?

ディセンシア アヤナスは、美容雑誌の掲載や有名芸能人も使っているので、気になっている方も多いのではないでしょうか?

 


そんな中調べていると、「ディセンシア アヤナスは買ってはいけない」という噂があるらしいのです。

 

そんな、ネガティブなことを言われたら、これからアヤナスを購入しようと思っている方がいたら今一歩踏み出せないですよね。

 

私も、「そんな、買ってはいけないなんであるわけないでしょ・・」って思いながら気になってしまったので調べることにしたのですが、

 

そこで思いがけない事実を知ることになって、とってもびっくらこいたのでここでご紹介したいと思います。

 

調査して分かったことは3つありました。

  1. 危険な成分が入っているから買ってはいけない?
  2. 対象年齢以外の人は買ってはいけない?
  3. 口コミサイトの評価がイマイチだから買ってはいけない?

 

では、それぞれ詳しく説明していきますね。

 

危険な成分が入っているから買ってはいけない?

アヤナスは、敏感肌や乾燥肌で悩んでいる方の為に作られた商品なんです。

 

そんな、国内でも最高品質と謳われているアヤナスに、危険な成分が配合されているからアヤナスを買っていけないということでしょうか?

 

まさか、そんなことはないと思うのですが一応念のために調査してみました。

 

癌を引き起こす可能性のある合成香料や、アルコールは使用していません

人の体質よってはアレルギーを引き起こす可能性が有るアルコールや、発がん性物質を含むものもあると言われている人工合成香料は一切使用されていません。

 

また、製造段階でも皮膚のお医者さんが立会いのもと、「毒となる危険な成分が紛れ込んでいないか?」1つ1つ成分を試験しながら問題がないことが確認されています。
アヤナス買ってはいけない

 

防腐剤について

防腐剤と聞くと、「副作用」や「アレルギー」を心配する方もおられるのはないでしょうか?

 

アヤナスのシリーズに全てに使用されているのは、「フェノキシエタノール」と防腐剤が使われています。

 

フェノキシエタノールの特徴は、玉露や緑茶やから絞り出された天然由来の防腐成分で、国内で販売しているスキンケアなどによく含有されている安全性が高い成分です。

 

防腐剤は、にスキンケア商品に含まれているのが一般的だったりします。

 

でも、「やっぱり防腐剤は怖いなぁ」と思っている方もいらっしゃいますが、逆に考えてみると防腐効果の成分が入っていない化粧品では、「雑菌」や「細菌」が繁殖しやすくなるので結果的に肌荒れやアレルギーの引き金になる可能性が高いです。

 

対象年齢以外の人は買ってはいけない?

スキンケア商品を購入する前って、どれくらいの年代の人用に作れている商品なのか思ったりしませんか?

 

買った後で

 

「全然効果ないじゃん!」

 

「げっ!シワに効果なし?」

 

なんて事になったらショックですよね。

 

そんな、化粧品の対象年齢を知るには美容室においてある女性専門誌で確認することができます。

 

過去にアヤナスでは、

 

VOCE(ヴォーチェ)
MAQUIA(マキア)
美的
&ROSY(アンドロージー)

 

アヤナス買ってはいけない

 

などの20代から50代までの美に敏感な女性が読む雑誌にも、しっかり特集が組まれていました。

 

幅広い年代でもお使いすることができるんですね。

 

口コミサイトの評価がイマイチだから買ってはいけない?

大手口コミサイトのコスメで有名なアットコスメ(@コスメ)の評価を見てみると、5.5という点数がついていました。

 

アヤナス買ってはいけない
アットコスメでは、満点が7点なので5.5点は高得点です。

 

しかし、実口コミを隅々まで読んでみると、良い口コミの中に隠れていた悪評を数件見つけちゃいました(;^_^A

 

アヤナスの悪い口コミ↓

 

アヤナス買ってはいけない

 

美容液を購入して後悔しました。

 

使ってみると私には苦手な匂いがしたので使用を中止しました。お試しから購入して確認しとけばよかった(´;ω;`)ウッ… 30代女性

 

アヤナス買ってはいけない

 

アヤナスは、POLAの中でも乾燥肌・敏感肌専門の部署が作っているので購入したけど、ぶつぶつと痒みがでてしまったので使うのをやめました。40代女性

 

アヤナス買ってはいけない

 

10日間のトライアルセットを使ってみたけど、あまり潤いが物足りなかったので本品の購入を見送りました。20代女性

 

※上記は、個人の感想になりますので全ての人に当てはまりません。

 

口コミのまとめ

国内でもトップクラスの品質のアヤナスでさえ、痒みやぶつぶつがでるというアレルギーで肌に合わない方もいたようですね。

 

いくら、POLAの敏感肌専用部署である「ディセンシア」が開発したアヤナスといえど、すべての方に満足が得られていない化粧品であることがわかりました(;^_^A

 

どんなに、優れた化粧品でも万人に合うものは存在しないということですね。

 

また、アヤナスを「少しでも早く初めて効果を実感したい!」という気持ちはよくわかりますが、いきなり本品を購入して使うのは少し焦りすぎですね(;^_^A

 

まずは、トライアルセットを使って「フルライン使いの効果」や「パッチテスト」で期待通りの商品かを見極めたうえで、本品の購入に進むことが一般的であったりします。

 

今なら全額返金保障のキャンペーン中

 



 

アヤナスってどうして人気なの?成分や効果について

アヤナスを買ってはいけないとについてご紹介しましたが、ここではアヤナスが目指す「美肌」についてご紹介していきます。

 

アヤナスの研究チームは美肌を目指す上で

 

どうして肌トラブルが起こるのか?

 

を徹底調査しました。

 

その結果、

 

  • エイジング
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 皮膚の温度低下
  • 血行不良
  • バリア機能の低下
  • 自律神経のバラス

 

といった、原因が関係していることがわかりました。

 

その中でも、現代病と言われている「ストレス(精神的)」を感じてしまうと心の病や自律神経が崩れてしまいがちになって血行不良がおこるそうなんです。

 

そうなると、皮膚の温度が低下します。

 

アヤナス買ってはいけない

 

このような状態になってしまうと、本来肌がもっている外部からの刺激(乾燥・花粉・アレルギー)を守ってくれる役割の、「バリア機能」が低下してしまいます。

 

アヤナス買ってはいけない

 

当然、肌の表面も水分不足になりがちなので肌トラブルの引き金になってしまいます。

 

結果として、肌の弾力が失われてシワ、ほうれい線、小じわが気になってしまうんですね。

 

年齢を重ねると自然とシワや小じわが出るものだと思っていましたが、意外にストレスなんかも関係してたんですね。

 

そこでアヤナスでは以下の成分を開発しました。

 

乾燥などの外部刺激から肌を守ってくれる特別な成分

 

アヤナス買ってはいけない
アヤナスを開発したディセンシアという会社は「ヴァイタサイクルヴェール」を開発しました。

 

「ヴァイタサイクルヴェール」とは簡単にいうと失われた肌のバリア機能の代わりに、外部からの刺激からお肌を守ってくれて水分を逃がさないといった技術です。

 

この「ヴァイタサイクルヴェール」という技術は、アヤナスを開発したディセンシアという会社の特許技術になっているので他の化粧会社が真似できないようになっています。

 

なんとなく、乾燥から肌を守ってくれて潤いを閉じ込めてくれたら、肌荒れなんてしそうになさそうですよね。

 

通常セラミドの4倍の浸透力の成分

肌の潤いに欠かせない成分のセラミド。

 

油分や水分の保持にかかすことのできないセラミドという成分が不足すると、

 

  • しわ
  • たるみ
  • ほうれい線
  • ニキビ
  • 肌荒れ

 

といった肌トラブルの原因になるといわれています。
アヤナス買ってはいけない
セラミドという成分は、美肌に必要不可欠な成分なんですね。

 

アヤナスに搭載されている「セラミドナノスフィア」は通常セラミドの

 

1/20の極小サイズになっているので4倍の浸透力があるそうです。

 

小さくなると肌に浸透しやすいって何となくわかりますよね。

 

コラーゲンの生成量を増やしてくれるオリジナル成分

CVアルギネートもポーラのオリジナル成分になっています。

 

お肌に良いとされるコーラゲンですが、肌の外からコラーゲン塗っても一時的なものであまり効果が長続きしません。

 

CVアルギネートは、肌自らがコラーゲンを生み出すように細胞を活性化させる働きがあります。

 

コラーゲン生産工場といえばいいでしょうか?

 

アヤナス買ってはいけない

 

まだまだあったアヤナスの人気の秘密

7大アレルギーの不使用

 

アヤナスには、卵、牛乳、エビ、カニ由来成分、小麦、落花生、そばなどの成分は原材料だけでなく製造工程でも全く使用されていません

 

アルコール不使用

アルコールが苦手だという方は意外にたくさんいらっしゃしますがアヤナスでは、アルコール(エタノール)は一切使用されていません。

 

糖化ケアにも対応

糖化とは身体に中でタンパク質と余分な糖が結びついて、老化物質(悪玉物質)を生成する反応のこと

 

糖化がすすむと、肌の弾力が失われてくすみやたるみ、シワに発展します。

 

アヤナス買ってはいけない
私たちが生きていく上で糖化を全く起こさないことはもちろんできませんが、できるだけそのリスクを下げていくことはできます。

 

アヤナスは買ってはいけないのまとめ

「アヤナスは買ってはいけない」の調査結果をお伝えしました。

 

この記事でアヤナスが気になっているけど、ネガティブなワードがあるから購入するのに悩んでいる方に、少しでも迷いがなくなったら幸いです。

 

また成分については、公式サイトを隅々までチェックしましたが、見れば見るほど今までにない技術とオリジナル成分で美肌のサポートをしてくれるアヤナス。

 

美肌意識の高い女性に支持される理由というのが明らかになってきました。

page top