アヤナスはインナードライ対策できない?調べた結果驚きの成分が!

ディセンシア アヤナスはインナードライ対策できない?

ディセンシア アヤナスは敏感肌専門ブランド「ディセンシア」のエイジングケア用の基礎化粧品です。

敏感肌専門というくらいですから、インナードライ肌の対策まではしていないだろうと思っていましたが、調べていくと驚きの成分が含まれていることがわかってきました。

 

ここではディセンシア アヤナスはインナードライに効果があるのかと成分についての記事となっていますのでどうぞご覧ください。

 

インナードライってどんな肌なの?

インナードライとは、一番の原因は乾燥で皮脂が分泌されてしまう肌質のことを指します。

 

べたつきやテカリがあるので脂性肌やオイリー肌はまた別の肌質になります。

 

日本人の約70%が抱えている症状だと言われ、昔は顔や体全体が乾燥してたのに30代前後にかけて急に「皮脂が出始めた」といった人が当てはまります。

 

どんな症状?

 

インナードライになってしまうと

  • 乾燥で肌が突っ張る
  • 夕方になると化粧崩れが始める
  • 鼻だけがテカリ、ゴワゴワする

といった症状になって、ますます年齢肌を加速させることになります。

 

インナードライの確認の方法として
お風呂上りには、全体的に肌が突っ張るのに、Tゾーンだけが皮脂の分泌が多くなるといった顔の一部だけが脂性肌のような症状があらわれることが大きな特徴です。肌の表面はテカリがあるけど肌の内側は突っ張った感じやゴワゴワした感触があって消えないこともある

 

原因は?

インナードライの原因は乾燥です。

 

乾燥で肌表面のバリア機能が低下して水分が蒸発しやすい人によく起こります。

 

肌の水分が蒸発してしまって不足すると、肌は不足している水分を補充しようと皮脂を分泌するようになります。

 

その皮脂がテカリとなってあらわれるために「脂性肌かな?」「べたついている?」と勘違いする方も少なくありません。

 

さらに、間違ったスキンケアをすると、保湿が足りなくなり乾燥が進行してインナードライも進行してしまいます。

 

インナードライはどう対処すればいいの?

 

インナードライの改善には、「肌に刺激を与えないこと」と「たっぷり保湿すること」の2点を意識することで改善されます。

 

肌の保湿にかかせない成分で有名なのがセラミドという成分です。

その中でも、高い保湿力をもつ「ヒト型セラミド」をお肌により浸透させやすくしたのがディセンシア アヤナスのセラミドナノスフィアという成分です。

 

その特徴は

  • 通常のセラミドの1/20サイズ
  • 4倍の浸透力

でお肌の奥まで素早く潤いを届けることが可能です。

 

敏感肌専門ブランド

ディセンシア アヤナスは、敏感肌の人でも使えるエイジングケア基礎化粧品なので

  • アルコール不使用
  • 無着色
  • 香料不使用
  • 皮膚科医立ち合いテスト済
  • アレル―テスト済み

といったように肌に刺激を与えないような設計になっています。
敏感肌専門なのにインナードライ肌でも安心して使えそうなんで驚きですね^

ですが、絶対にアレルギー反応・肌刺激が無いわけではありません

 

まとめ

インナードライ肌は、脂性肌と勘違いされることが多い肌質です。脂性肌と間違ってスキンケアしてしまうとさらに肌の状態が悪化してしまうので、スキンケア方法や保湿を心がけて美肌を手に入れましょう^^

 

関連記事
ディセンシア アヤナスを購入前に知りたい悪い口コミや辛口評価|効果的な成分は?

page top